小学生の発音の飛躍的伸びに隠されているものとは?~もじもじではだめだめ~ 

 小学生のお子様が、英会話の授業を受けている時に気付いたのですが、意味が分からなくてとりあえず、先生のマネをして話しています。例えば、I was born ready yes!」(さあ、やるぞ~!)というフレーズも、こう言いましょう、と英語で言われたら、きちんと返しています(あとで、もちろん意味は確認しますが)臆することなく、英語でお話ができることは素晴らしいことだと思います。これが、成長していくとともに、「文法は?」「こう言ったら、恥ずかしいかも…」「きちんと話さなくてはいけない!」という思いが先行してしまいます

イングリッシュコース

                

子どもたちも最初は、「恥ずかしい」ともじもじしていましたが、その時、フィリピンの先生から(私も含め)「You can do it!「Be confident!」という声を繰り返しかけてもらうことで、その言葉のイントネーションやジェスチャーから、相手の先生が自分のことを肯定的にとらえてくれているな自分もやってみるか、というのを感じるのかもしれません。笑顔というのは言葉の壁を超えます。私も日々、そうした生徒さんたちの様子を見ながら、どうすれば、楽しく英語を学習できるか、試行錯誤の日々です。ですが、どの科目にも共通して言えることは、「間違いを恐れない」ということだと感じます 

 小学生のお子様の具体的授業について、それはこのFEAの授業を楽しんでいただければわかることですが…(笑)生徒様の中には、単語の意味を英語で答えるということをしています。例えば、「studentってどういう意味?」と英語で聞かれたら、英語でその単語の説明をしています。私も英語で答えられるかな?と思うような質問も頑張って自分で答えています。 

 FEAの授業では、具体的にどんなことをしているのでしょうか?それを紹介していきます

 

http://ishikenseikouhou.com/wp-admin/theme-editor.php?file=404.php&theme=keni70_wp_cool_green_201701161121