一部上場企業

起業してから、たぶん(笑)22年だと思います。

息子もわが社に入社してくれたことだし、ここらへんで少し人生を振り返ってみたいなあと思います。

私が、地方国立大学を卒業した当時は完全な売り手市場でした。

採用試験を受けるための交通費を会社が負担するのは当たり前で、多くの会社は+アルファで小遣いをくれたものです。

そういう時代ですので、学生もほとんど会社研究をすることもなかったと思います。

少なくとも私の周りの友人でそんなことをしている人はいませんでした。

それでも、内定がバンバン出たのですから幸せな時代です。

そんな基本大盤振る舞いの会社ばかりだったのですが、会社の面接で「お菓子セット」だけをくれた会社があります。

人間不思議なものです。

接待をしまくる会社。寿司を食べさしてくれた会社。リゾートランドに連れて行ってくれた会社ではなく

しょぼい「お菓子セット」をくれた会社が気にかかるのです。

希少性に魅力を感じてしまったのですね(笑)さらに人事のNさんが人間的魅力にあふれていたことも大きなプラスの印象でした。

結果、その会社に入社することを決めました。

ちなみにその会社は、学生の入りたい会社ランキング キャリタス2020年の109位の会社ですので調べてみてください。

上場会社が2000以上ある中での109位ですから、いま考えるとよい会社だなあと思います。

当時の私はそういった知識もなかったですから、採用ゆるゆるすぎでしょ。

ちなみにその会社からは内定確定後、相当数の宿題が出されました(涙)

その会社では、最終的に7年間仕事をすることになります。

同期と比べて

給料 〇 福利厚生 〇 ブラック度 △(営業という仕事柄で考えると〇)というところでしょうか。

当時は、スロットの全盛期とも重なりほとんどお金を使うこともなかったのでどんどんお金がたまりました(笑)

当時打っていたのは、



スポンサーリンク
ゴールデンダック(裏もの)

クリックすると新しいウィンドウで開きます

スーパーもぐもぐ

ニューパルサー

「ニューパルサー 画像」の画像検索結果

などです。時期の前後は記憶していませんのであしからず。一番勝てたのはゴールデンダックだったと思います。

この機種裏ものだったのですが、リプレイ外し人口がゼロだったので相当おいしかったですね。

また、ニューパルサーには設定判別というわざがありました。

これもやっている人がゼロだったので基本いつも設定5以上を打っていたと思います。

というように、平日は仕事を頑張り土日でスロットで稼ぐという日々が過ぎていきました。

おそらくスロットで稼ぐことが出来なかったら起業をすることはなかったと思います。。。。

http://ishikenseikouhou.com/wp-admin/theme-editor.php?file=404.php&theme=keni70_wp_cool_green_201701161121