驚き、未来問題

サイトビジットが蓄積してきた宅建士試験の分析ノウハウとGAUSSの最先端AI技術を活用し、実際の試験問題を想定した予測問題を体験できるサービスである。

GAUSSは、サイトビジットが独自に分類した93個のカテゴリーの宅建士の過去問データを用いて、LSTMモデルを開発し、カテゴリー的中率70%のAI予測エンジンの開発に成功した。

加えて、予測したカテゴリーと同じカテゴリーの問題を、蓄積している宅建士の問題データからランダムにピックし、予測問題を構成する。




スポンサードリンク
受験シーズン、受験生は赤本や黒本で過去問学習に勤しんでいる。

そんな中、「未来問題」の登場である。

勿論、AIがオセロの世界も、囲碁の世界も、将棋の世界も、そして投資の世界も牛耳っている世の中である。

受験の世界に進出しないはずはない。

いわゆる『予想問題』との違いは、予想の主体が人間か?コンピュータか?の違いであるが、その制度はいかなるものであろうか?

上記の記事では、一致率は70%と驚きの数字であったようだ。

今後、過去問を解くという習慣はなくなっていくのであろうか?

また、大学側はAI未来問題にどのように対応していくのであろうか?

 

http://ishikenseikouhou.com/wp-admin/theme-editor.php?file=404.php&theme=keni70_wp_cool_green_201701161121