藤井聡太棋士4冠達成

日本でモンテッソーリ教育を受けたといえば、藤井聡太さんが有名です。

世界に目を向けてみると、

AMAZON.COM 創設者-ジェフ・ベゾス

GOOGLEの共同創業者-セルゲイ・ブリンとラリー・ペイジ

シムシティ作成-ウィル・ライト

など有名人が多数います。

このような人材が出てきているのは、時代の要請と無縁ではないと考えます。

従来の働き方では、日本型教育が勝っていたのは事実でしょう。

しかし、創造力や問題解決力がより必要な時代になった今、モンテッソーリ教育の良さが際立ってきているのです。

近年、世界のイノベーションの中心に日本企業がいなくなっているのも教育に問題があるからでしょう。

日本では幼稚園まで、、、

モンテッソーリ教育を掲げている幼稚園はあります。

しかし、小学校以上になると文科省との関係で難しくなります。

  1. 時間割がない、
  2. 教科書がない
  3. テストがほとんどない

良い点

1最も素晴らしい点は、子供が本人で決めたことを勉強しているという前提なので、モチベーションの高い学びになる点です。

2他人との比較がないというのが、今の時代に合っています。比較するという時点で創造的でなくなりますからね。

悪い?点

1勉強ができなくなる?

これについては、国内唯一?のマリア・モンテッソーリ・エレメンタリースクールを卒業した生徒の進学先をみてみると。開成中学・武蔵中学・桐蔭学園・湘南白百合学園中学、その他私立大学附属中学校などが上がっており、有名私立中学への進学実績が多く掲載されています。

これについては、もともとの母集団の特性を考える必要があるかもしれません。

2協調性が育ちにくい

これについては、そのような傾向はあるでしょう。

しかし、ベゾスやラリーページが協調性がある人間であるか?というとどうでしょうか?


人気ブログランキング

 

http://ishikenseikouhou.com/wp-admin/theme-editor.php?file=404.php&theme=keni70_wp_cool_green_201701161121