1 宿題が多すぎる

進学塾で多いパターンです。

最も影響を受けるのは成績中位層から下位層です。

上位層は影響を受けないという点がポイントになるかと思います。

宿題の分量で成績を上げようとする学習塾は、その指導力があまり問われない点でもやりやすい指導法だと言えるでしょう。

もっとも、これは進学塾だけなく進学校でも見られる現象です。

各科目の教師が、「生徒のレベルを無視して」大量の宿題を出す。

さらにひどい場合は、「解答を渡さない」という愚行まで犯します。

このような学習塾に「上位層がいるから」といって通わせることは危険です。

2 宿題がなさすぎる

上の逆パターンです。

この場合、自主性が育っている生徒は「講師の授業での指導力が高い場合」は伸びるでしょう。

しかし、自主性が育っていない場合は、講師の指導力が高くても成績は伸び悩むことになります。

「塾に通っている」時間が勉強時間にオンしていかないわけです。

「教え方の評判」がいいのに「成績が伸びない」場合は、生徒の自主性を重視している学習塾であるかもしれません。

このような塾の場合、すぐにやめるのでなく「個別に宿題対応」ができないか?と相談してみることが可能ならばしてみましょう。



スポンサーリンク

3 そもそもやり方が合わない

宿題の出し方でなく授業の進め方が合わない場合があります。

  1. 暗記型か理解型か? 数学ですら暗記数学か、理解型かで指導法が変わります。テストで点を取る!というだけの結果を見るなら、どちらの指導法が有効であるか?というのは本人次第ということになるでしょう。
  2. 予習型か復習型か? 予習型である程度の成績をとっていた生徒さんが復習型の学習塾に入った場合、往々にして成績が下がる場合があります。これは、復習型の生徒さんが予習型の塾に入った場合も同様ですね。

塾の良い悪いでなく方針の違いですので、事前のリサーチが十分可能だと思われます。

4 塾での人間関係

塾での人間関係も成績に影響を与えます。

実際、学習塾で「いじめ問題」などに積極的に取り組んでいるところは皆無ですので、保護者のほうでアンテナを高くすることが大切です。

人間関係は軽視することはできないので、「曜日を変える」こと「クラスを変える」ことなどで対応してもらいましょう。

それが、不可能な場合は「塾を変えること」も選択肢に入れるべきでしょう。

 

http://ishikenseikouhou.com/wp-admin/theme-editor.php?file=404.php&theme=keni70_wp_cool_green_201701161121