プロボクシングのWBA、IBF世界ヘビー級王者アンソニー・ジョシュア(28=英国)とWBO同級王者ジョセフ・パーカー(25=ニュージーランド)の統一戦が、実現に向けて動いているという。20日に米国のボクシングサイト「ファイトニューズ・ドットコム」が伝えた。

ジョシュアのプロモーターの発言によると「来年の3試合のうち2試合は統一戦」ということらしい。さらに「ワイルダーとの条件面での折り合いよりも、パーカーとの折り合いが良い」そうで、そうなれば「パーカーとの実現可能性が高い」ということになります。

さらに、ジョシュア本人も

「来年の3月か4月にパーカーと対戦する可能性がある」

と話していることから、ほぼ内定としてよいと思います。

両者戦績

ジョシュア 20勝無敗(20ko)のパーフェクトレコード。

パーカー  24勝無敗(18KO)のこちらも無敗。

無敗対決となりますね。

パーカーはニュージーランド出身ということですが、試合の開催地はおそらく英国となるでしょう。

<



h2>BOCRECでのレーティング

ボクレクのレーティングでは、1位ジョシュアに対してパーカーは7位となっています。

ちなみにワイルダーは3位です。2位はゴールドメダリストで、もと王者のポベトキン。

対戦相手の質、試合内容とも考えてジョシュアの1位は問題ないですよね。

勝敗予想

パーカーとしては、評価を上げるために絶対に勝ちたい試合です。

ジョシュアとしては、ワイルダー戦につなげるためにも負けられない試合です。

英国で開催される(ロンドンで調整中らしいです)という事実とこの両者の気持ちが合わさることで、ジョシュアはより有利に試合が展開できると予想します。

ジョシュアはすでに9万人の観衆での試合を経験済み。地元開催がかえって不利になるということはないでしょう。

一方のパーカーは、ここ3試合が判定。内容も2-0、3-0、2-0とマジョリティディシジョンも二つあります。

無敗のわりに評価が低い点はここらへんにもありそうですね。

無難にジョシュアが勝利することを予想します。

ジョシュア陣営が構想しているように

パーカー撃破!ワイルダー撃破!そして、フューリー撃破!となるのでしょうか?

個人的にはワイルダー戦は、一波乱あるような気がしますが、、、

 

 

http://ishikenseikouhou.com/wp-admin/theme-editor.php?file=404.php&theme=keni70_wp_cool_green_201701161121