前WBO世界ライトフライ級王者の田中恒成(22=畑中)が6日、名古屋市内で会見し、フライ級への転級を正式表明した。12月1日付で同王座を返上。陣営はWBOに、来年3、4月に同フライ級王座の挑戦者決定戦を行えるよう要請しており、ミニマム、ライトフライ級に続く、来年中の世界3階級制覇を目指す。田中は現在デビュー10戦、達成すれば、井岡一翔の同18戦を更新する世界最速記録になるのは間違いない。(日刊スポーツ)

ライトフライでの統一戦を熱望していた、田中があっさりとフライ級への転向を宣言しました。

流石に唐突感が否めなく、井岡の返上が影響しているのか?と勘繰る気持ちも出てきますね。

TBSがらみで井岡の返上の後のタイトル挑戦をみているのか?

ちなみに現在のちゃんぽイオンを確認すると、

WBC は比嘉大吾

WBAは空位

WBOは木村翔(年末に五十嵐との指名戦)←TBSさんでの中継です!!

IBFはニエテスとなっていますね。



スポンサーリンク

BOXRECのレーティングは?

1位 ニエテス

2位 比嘉

9位 木村 となっていますね。

この中でくみしやすいのは、9位の木村あるいは決定戦ということになります。

空位のWBAでの決定戦後にWBOとの統一戦を行うのか、

木村・五十嵐の勝者に挑戦するのかはわかりませんが、少なくともその二択になっているようなかんじがします。

対戦相手の質的にも、TBS的にも座りがいいですからね。

もしも予想が外れて、比嘉あるいはニエテスに挑戦するようなら田中を見直します。

ただ、両者とも相性的に田中不利の組み合わせになります。

 

 

http://ishikenseikouhou.com/wp-admin/theme-editor.php?file=404.php&theme=keni70_wp_cool_green_201701161121