下馬評を覆してチャンピオンになった木村

今年7月に、オリンピックチャンピオンからタイトルを奪った木村の初防衛戦。

相手はランキング1位の五十嵐です。

木村戦績

18戦15勝(8KO)1敗2分け

ですね。唯一の敗戦はデビュー戦のノックアウト負けです。ここ9試合のうち8ノックアウトしており、倒し方を覚えてきた。

五十嵐戦績

25戦21勝(11KO)2敗2分け

WBCの元チャンピオンで4年半ぶりに返り咲きを狙っています。

木村のコメント

「大晦日に試合ができるのはモチベーションが上がる。今回勝つことでさらに世界が広がる。死に物狂いで撮ったベルトなので渡すわけにはいかない。チャレンジャーの気持ちで行く。五十嵐さんのほうが格が上。サウスポーは苦手意識がある。練習で対策したい。」

五十嵐のコメント

「この4年半は大変な時期だった。ようやくこの舞台に戻ってこれてうれしい。」

 

BOXREC

ぼくレクのレーティング。



スポンサーリンク
1位 ニエテス

2位 井岡

3位 比嘉

10位木村

19位五十嵐 となっていますね。

関係ないですが、井岡には比嘉選手との統一戦をやって引退してほしかったですね。

試合展開は、木村がプレッシャーをかけていくと思いますが、五十嵐もさばくのでなく

迎え撃っていくと思われます。

おそらく一般的には、勢いのある木村有利との予想が多いでしょうが、五十嵐が予想以上に検討するのではないでしょうか?

五十嵐のサイドに動きながらの左が当たるかどうかがキーポイントになるでしょうが、おそらく当たるのではいかと予想します。

最近の試合では、小国と岩佐との試合がサウスポー苦手の試合として思い出されます。

小国もサウスポー苦手を公言していましたね。

バッデイングなどの(ありそうですが)自体がない限り、五十嵐の勝利を予想します。

 

http://ishikenseikouhou.com/wp-admin/theme-editor.php?file=404.php&theme=keni70_wp_cool_green_201701161121