村田完勝!

完璧な勝利だったと言えそうですね。

私の採点では、

1ラウンドこそ 9-10でエンダムだったが

2ラウンドから は村田がフルマークでした。

KOの予感がし始めた7ラウンド終了後にエンダムが棄権しました。

公式ジャッジも

69-64 70-63 68-65で
村田がリードしてたようです。

試合前のオッズでも、村田が圧倒的に有利でした。

ミドル級は竹原選手以来の戴冠!

金メダリストのベルト奪取は初めて(日本で)!!

本当に最高の試合をありがとう!

前回の逆であえてエンダム勝利を予想するというゲン担ぎもよかったのかも?

気は早いですが、、、

村田選手が試合後のインタビューであげていたゴロフキンとの対決も現実味を帯びてきましたね。

ベルトをもつということは、そういうことです。

サンダースと統一戦をして勝利をしたうえで、ゴロフキンと戦うようになれば!

夢は膨らむばかりです。



スポンサーリンク

繰り返しますが、試合前のオッズに注目です。

  • 王者 アッサン・エンダム 4.5倍
  • 挑戦者 村田諒太 1.16倍

と村田の圧倒的有利予想でした。

これは、明らかに村田がミドル級のトップに認められたということですね。

サンダースには勝てる

実は当初の村田のターゲットがサンダースであったことは有名です。

当然、勝算あり!とみていたわけです。

今日の試合を見ても、サンダースには有利に戦えそうな気がします。

さらにゴロフキンとも、かみ合う展開になるのは間違いありません。

カネロでさえゴロフキンのプレッシャーにはおされました。

村田とゴロフキンが対峙して、どちらがさがるのか????

本当に見てみたいビッグマッチですよね。

一方でカネロとは、相性が悪いように思えます。

村田コメント

「今回の試合のTシャツ買ってくれた方もいるかと思うんですけど、メイクディスアワーズです。みんなで作った勝利です。泣いてません。デビューした年の12月、両国で試合したときに全然良くない試合で、僕なんて全然チャンピオンになれないと見捨てられるかと思ったら、こうやってみなさん来てくれて、感謝しています」

「この試合を作ってくれた帝拳ジム、本田会長、みんなあんまり好きじゃないかもしれないけど電通のみなさん。また、あんまり好きじゃないかもしれないけどフジテレビのみなさん。感謝してます」と話し、エンダムについては「やはり友人です。初めてできた友人だと彼も言ってくれてましたし、ぼくもそう思います。高校時代の恩師が『ボクシングで試合に勝つというのは、相手を踏みにじってその上に立つということだ』と言っていた。彼の分の責任も背負ってこれからも戦いたい」

エンダムコメント

エンダムのコメント
「私はまだ続けたかったが、あれ以上無駄にパンチを受ける必要はないとチームが判断した」
「村田は前回より圧力があり手数も多かった。おめでとうと言いたい」
「長く防衛してもらい、3度目の対戦ができたらいい」

http://ishikenseikouhou.com/wp-admin/theme-editor.php?file=404.php&theme=keni70_wp_cool_green_201701161121