スーパーフライ2が2月に内定

事前情報では選択試合を希望していたと言われるシーサケットがエストラーダとの試合に臨むようですね。

村田vsエンダムの再戦の決定前に「再戦は絶対させない」といって再戦が決まったのと同じように、「選択試合を希望」も陣営同士の駆け引きであることは、ビジネスである以上否めません。

あるいは選択試合を(防衛確実な相手と)挟む可能性もありますが、、

試合展開予想

シーサケットの圧力に真っ向勝負したのがロマゴンなら、シーサケットの圧力をかわしてポイントを稼ぐ戦いを選択する可能性が高いのが、エストラーダだと思います。

エストラーダとクアドラスが僅差判定だったので、シーサケットとクアドラスの試合を振り返ってみましょう。

この試合ではクアドラスはやはり、距離をとって戦う戦法をとりました。

4ラウンドに両者の頭がぶつかるというアクシデント。

しかし、6ラウンドまで距離をとってクリーンヒットをとる作戦がこうしクアドラスがポイントをさらっていきました。

7ラウンドに入ると、シーサケットのボディがヒット!クアドラスが失速します。シーサケの巻き返しが期待されます。

ところが、8ラウンドに再び頭が当たり

結果は、負傷判定

  • 78-73
  • 77-74
  • 77-75

三者ともクアドラスを支持しました。



スポンサーリンク

エストラーダがこの試合を参考にするのは確実!

さらにクアドラスよりも距離感をとるのが上手いのがエストです。

ということで、エストラーダが判定で勝利を収めるものと予想します。

興行的には?

しかしながら、興行的にはシーサケットがkoで勝利することが望ましいでしょう。

中量級以上に人気が集中するアメリカにおいて、初回大会は7000人以上を動員し、テレビの平均視聴者数も70万人超えと軽量級特化という稀有なイベントながら商業的にも成功を収めた興行ですが、シーサケットがkoで勝利することがさらなる盛り上がりを生むと予想します。

さらに、アンダーカード?も重要で

ロマゴンとヤファイの試合も組まれる可能性が高いようですね。

シーサケとロマゴンが勝利し、これに井上選手が絡んでいくというのが理想の展開ではないでしょうか?



 

 

 

http://ishikenseikouhou.com/wp-admin/theme-editor.php?file=404.php&theme=keni70_wp_cool_green_201701161121