「リーダーシップとは肩書のことではない。

地位とも関係がない。

財力によって得られるものでもない。

リーダーシップとは、自分のあり方であり、行動でもあり、

他の人をより素晴らしい場所へと導く決意以外の何物でもないのだ。」

上司や部下も関係ありませんし、社員とアルバイトも関係ありません。

自分にやり遂げたいことがあり、誰かの協力を得たい、もしくは、

誰かがそれを成し遂げるために協力するのであれば、すべての人にリーダーシップが必要です。

会社をまとめるのもリーダーシップが必要。

交渉相手に協力を求めるのもリーダーシップが必要。

お客様へ購入を求めるのもリーダーシップが必要です。

リーダーシップがあれば、一人ではできない大きなことを成し遂げることができますし、

たくさんの人を動かすことができます。

そして、優秀な人が協力してくれることもあります。

例えば、

長年アップル社で勤務し、工業デザインのトップを務めているジョナサン。

ジョナサンは、iMac、iPod、iPhone、iPad、Apple Watchのすべてをデザインしました。

彼ほどの能力があれば、どんな企業でも働けますし、自分で会社を起すこともできるでしょう。

でもなぜ彼がアップルで働くのか?

その理由は、スティーブ・ジョブズを信頼し、会社のミッションと哲学に共鳴し、そこで働きたいだけである。

高い給与はどこでも得られる。

しかし、本当の満足や意味を見いだせる職場は、素晴らしいリーダーがいるところだけだ。

また、こんな例があります。

ある将軍は、新しく士官の任命を受ける部下にいつも与える教訓があった。

新しい士官(リーダー)にこう言う。

「そこに戦車が停まっているだろう。あれの前まで行って、
右へ曲がるように指令を出しなさい」

士官は言われたとおりに、大声で戦車に向かって叫ぶ「右へ曲がれ!」

しかし、戦車は一向に動かない。

将軍は、とても大切なことを教えている。

どんなに素晴らしい兵器であろうと、どんなに素晴らしいシステムを作っても、
どんなに予算を豊富に持っていても、それを生かすのはすべて人間である。

リーダーとして、肝心なのは「人」を動かすことを学ばない限り、何にもならない。

結局は、世の中、人を動かせるようにならなければビジネスも成功しない。

その人を動かすための必要なスキルがリーダーシップです。

もし下記のようなことで悩んでいるのであれば、あなたはリーダーシップを学ばなければいけません。

・経営に行き詰まっている

・部下がついてきてくれない

・新卒のコントロールができない

・顧客との関係性が難しい

・部下を育てる時間がない

・組織間に問題が多い

・経営者が雑用を抱えている

多くの人の悩みは、人間関係とお金です。

人間関係の悩みは、このリーダーシップを学ぶことでほとんどが解決できます。

ですので、経営者だけではなくほとんどの人がリーダーシップを学ぶことで、

人間関係で悩むことが少なくなるのです。

リーダーをはき違えている方が多くいますが、一方的に指示を出すのがリーダーではありません。

あなたがミッションやビジョンを掲げて、それに共感をし、自ら動いてくれるようにするのが、リーダーです。

あなたに対して「〇〇さんが言うならついていきます!」、「〇〇さんの元で働かせてください!」

と言われたらどうでしょうか?

こんなに嬉しいことはないですし、ビジネスや人間関係もスムーズにいきますよね?

ぜひ、リーダーシップを身に着けてください。

こんな時代に改めて今リーダーシップの必要性が求められています。

そこで、今後飛躍するリーダーとはいったいどういったスキルや考えが必要なのか?

転落してしまうリーダーはどういった人たちなのか?について教えてくれる企画があります。

 

それがこちらです。

P.S.

 

今回は、このジェームスからこれから世界的が激動になる中、
ビジネスの中心となるリーダーになるための教えを無料で学ぶことができます。

売り上げの上げ方や、上司や部下とのコミュニケーションなど、
経営者や売り上げをあげる業務に携わっている方には、
とても参考になる企画です。

ぜひ、ご登録ください。

 

 

 

 

 

http://ishikenseikouhou.com/wp-admin/theme-editor.php?file=404.php&theme=keni70_wp_cool_green_201701161121