藤井四段勝利 若手が勝ち越しを決める

前半の均衡を破ったのは、藤井四段の飛車の二枚切り!!でした。

決め手となったのは、桂馬うち!!でした。

見ていて面白い最高の勝負でしたね!

アベマTVオリジナル企画

最近abematvを見る機会が増えています。増えている理由は、

  • ボクシング企画
  • 将棋企画
  • ロンブー淳さんの受験企画
  • 麻雀企画

などの企画ものが魅力的だからです。

コアなファンをしっかりゲットしてきているようでabematvさんの視聴者数も増えてきているようですね。

驚いたのはギャラです。「そこまでいって委員会」に出演していたアナウンサーのギャラに他の出演者が驚いていたので、待遇的にも地上波を逆転してきているのかもしれません。

今度の企画は、若手とトップ棋士との対局で、若手がトップ棋士を指名して挑むというものです。

注目の組み合わせ

若手棋士 トップ棋士 放送日
佐々木大地四段 屋敷伸之九段 9/30

結果佐々木四段の勝ち

佐々木勇気六段 藤井猛九段 10/7

結果佐々木六段の勝ち

藤井聡太四段 行方尚史八段 10/14

藤井四段の勝ち

青嶋未来五段 郷田真隆九段 10/21

青嶋五段の価値

八代弥六段 森内俊之九段 10/28
増田康宏四段 三浦弘行九段 11/4
近藤誠也五段 木村一基九段 11/11

 

若手の4勝0敗

 

注目の藤井4段は、10月14日!!です。

最年少の中学生棋士・藤井聡太四段が指名したのは、A級棋士の行方尚史八段ですね。

(若手が相手を指名していく企画です)

行方八段を指名した決め手は、詰将棋が共通点にあったことらしいです。




スポンサーリンク

<若手チーム>

1.青嶋未来五段(22歳)
2016年度勝率1位、竜王戦ベスト8。チェスの日本チャンピオン。
2.佐々木勇気六段(22歳)
2016年棋王戦挑戦者決定戦進出。
3.近藤誠也五段(20歳)
2016年王将リーグ入り、四段で羽生三冠に勝利。
4.八代弥六段(23歳)
2016年朝日オープン優勝。
5.増田康弘四段(19歳)
16歳でプロデビュー、新人王戦優勝。
6.佐々木大地四段(22歳)
藤井聡太と同年で四段昇段、デビュー1年目で勝率7割を超え、史上初のフリークラス1年で脱出。
7.藤井聡太四段(15歳)
歴代最多公式戦で29連勝を成し遂げ、AbemaTV「炎の七番勝負」では羽生三冠をも破った中学生棋士。

<トップ棋士チーム>

1.森内俊之九段(46歳)
タイトル12期(タイトル戦登場25回)、永世名人資格保持者。
2.三浦弘行九段(43歳)
タイトル1期(タイトル戦登場5回)、羽生七冠の牙城を崩した名棋士、横歩取りの達人。
3.藤井猛九段(46歳)
タイトル3期(タイトル戦登場7回)、「藤井システム」はあまりにも有名、振り飛車の達人。
4.屋敷伸之九段(45歳)
タイトル3期、史上最年少タイトル挑戦、最年少タイトル獲得の記録を保持、16歳でプロデビュー。
5.郷田真隆九段(46歳)
タイトル6期(タイトル戦登場18回)、居飛車正統派で王道本格派の気風。
6.木村一基九段(44歳)
タイトル戦登場6回(棋戦優勝2回)、「千駄ヶ谷の受け師」、矢倉の達人。
7.行方尚史八段(43歳)
タイトル戦登場2回(棋戦優勝2回)、名人戦、王位戦挑戦に近年登場した本格派。

http://ishikenseikouhou.com/wp-admin/theme-editor.php?file=404.php&theme=keni70_wp_cool_green_201701161121