2020年教育改革は意外と知られていないという現実

 学研プラスが運営する小中学生向けのプログラミングスクール「Gakken Tech Program」が行った
調査によると、2020年に新学習指導要領が小学校から全面実施され、教育内容や大学入試が大きく
変わるという「教育改革」を、55.9%の母親が知らないことが明らかになった。
 2020年に新学習指導要領が小学校から全面実施されるほか、センター試験が廃止されて
「大学入試共通テスト」に変更されるなど、日本の教育が大きな変革を迎える。この改革を子育て中
の母親がどのように捉えているか把握するため、学研ホールディングスは、2020年の教育に関する
アンケート調査を実施した。対象は東京、埼玉、千葉、神奈川在住で子どもを持つ30代~40代の
女性220人、調査実施日は9月1日。
 2020年の教育改革については、「知っている」44.1%、「知らない」55.9%と過半数が知らず、
まだまだ認知されているとは言えないことがわかった。
 2020年から全面実施される新学習指導要領では、プログラミング教育の実施が決定している。
そこで、子どものうちからプログラミングやITに関する知識を身に付けることは必要だと思うか
聞いたところ、「とても必要だと思う」28.6%と「少しは必要だと思う」48.2%の計76.8%が    
必要性を感じている。    
 子どもが将来、社会で活躍するためにとくにどのような能力が重要だと思うか聞いたところ、
「コミュニケーション力」がもっとも多く、「創造力・イノベーション力」「物事を柔軟に捉える力」
「物事に対して疑問を持つ批評的能力」「複雑な問題を解決する能力」などが続いた。

認知度はこの程度

教育業界に携わっているものならともかくも、世間の認知度はこの程度であることを理解しないといけないですね。

また、同時に教育業界そのものの小学校の先生や知り合いの教頭先生に聞いても「英語」や「プログラミング」について具体案がまだまだ出てきていないようです。

「ゆとり教育」が理想と現実のギャップでとん挫したことを忘れてはいけません。

できるのかアクティブラーニング

「ラーニングピラミッド」の画像検索結果

 



スポンサーリンク

アクティブラーニングを推進するときに必ずでてくるのが、このラーニングピラミッドですね。

塾で指導しているものとしては「そりゃそうです」というのが感想です。

私の授業の流れは

1 要点説明

2 自ら解かせる

3 ヒントを与える

4 間違った問題を開設

5 再度、生徒が口頭で「ほかの人に教えるように」自ら解説する

という流れです。

私の塾は、個別指導ですので1から5についてどこに力点をおくのか?が講師の指導力となってくるわけです。

言い換えれば、、、、

普遍的な絶対的な学習方法などないが正解

ちなみにラーニングピラミッド自体は「モデル」であり、統計学的に導き出された真実ではないということは前提として押さえておきたいですね。

そのうえで20年以上生徒を指導してきた実践者としての結論は

講義が必要な時もあるし、読書が必要な時もあるし、グループ討論が必要な時もあるし、ほかの人に伝えるのが必要な時もある。

また、それがやっかいなことに「人による違い」だけでなく「人によっても時期(理解度)によっても違う」ということです。

集団でこれだけのことをこなす「スーパー教師」が存在する学校のみが成功するでしょうが、全体としては失敗するであろうことを予言しておきます。

http://ishikenseikouhou.com/wp-admin/theme-editor.php?file=404.php&theme=keni70_wp_cool_green_201701161121