シーサケットvsロマゴン  2

ロマゴンのリベンジなるか?シーサケットとのダイレクトリマッチの予想です。

まずは前回の採点を振り返ってみましょう。

採点者 フェルドマン・米 レダーマン・米 ロルダン・米 一致
(ジャッジ) (ジャッジ) (ジャッジ)
ロマ/シーサ ロマ/シーサ ロマ/シーサ
1R 8-10 8-10 8-10
2R 9-10 9-10 9-10
3R 10-9 10-9 10-9
4R 10-9 10-9 9-10
5R 10-9 10-9 10-9
6R 10-8 10-8 10-8
7R 9-10 9-10 9-10
8R 9-10 9-10 10-9
9R 9-10 9-10 9-10
10R 9-10 9-10 9-10
11R 9-10 9-10 9-10
12R 10-9 10-9 10-9
合計 11 2 / 11 4 11 2 / 11 4 11 3 / 113 8ラウンド

 




おおざっぱにいうと前半 ロマゴン 後半 シーサケットという内容になっています。

ジャッジの一致度も高いですね。微妙な判定であったのですがジャッジは明確にシーサケットを支持していたということになっています。

しかし一方で、

1 初回のダウンがダウンと判定されていなければ?

2 ロマゴンが流血していなければ?

という部分がロマゴンにとっての今回の期待値になってきます。逆に言えばスーパーフライに上げてからは、相手を圧倒したという試合が皆無になっている証拠でもありますね。

賢く戦ってロマゴンがリベンジに成功と予想

ここで試合の予想です。シーサケットは前回と同じ戦い方しかできないことは間違いありません。一方でロマゴンには戦術を選択することができるボクシングの幅があります。

具体的にはクアドラスの戦い方を参考にするです。

シーサケットvsクアドラスでは、クアドラスがアウトボクシングを展開し負傷判定で戴冠しています。

(それでも二度のバッティング、、、)

この試合もクアドラスは結構パンチがきかされていたので後半まで勝負が続いたら結果はわかりませんでしたが、、

・12ラウンド戦うつもりで闘うこと

・シーサケットに付き合わないこと

これができればリベンジが成功できると思います。

井上vsニエベス 井上の圧勝に期待

ニエベスの戦績は17勝(9ko)1敗

なんと直近の試合で黒星を喫しています。

スーパーフライでの試合は一試合もありません。

正直井上の不安要素は、初の海外試合での調整であること。拳や腰の状態。つまりは本人次第なところだけですね。

予想は中盤までの井上のKOです。

この試合はWOWOWで生中継されますよ!!



 

 

 

http://ishikenseikouhou.com/wp-admin/theme-editor.php?file=404.php&theme=keni70_wp_cool_green_201701161121