完遂すること

  1.  センター数1A30日完成  2周目 夏休みまでに完了予定
  2.  センター過去問
  3.  z会実践問題集   2回目まで終了 夏休みまでに完了予定
  4.  駿台実践問題集

授業の流れ

時間を図って問題を解く⇒できなかった問題のできなかったところを言語化する⇒言語化したものを「京大式カード」にまとめる⇒復習する⇒再度まとめて復習する

言語化してまとめるということが最重要!!人は教えるときに一番学ぶといいます。言語化するということはそれに近い作業になります。

「京大式カード」⇒好きな時に復習できる ノートにまとめると復習はすきなときにできません。そこで京大式カードを活用します。

 

 

 

センター30日完成 2週目

13日目まで(例題のみ)復習完了 二次方程式 二次の係数が文字の場合の解を持つ条件の場合分けについて。

z会 実践模試 2回目 (得点51点)

時間が足りない⇒時間内に最高のパフォーマンスを出すには?解く問題を選択すること。

指導ポイント

  • 分散の根本理解
  • 標準偏差
  • 共分散の根本理解
  • 標準偏差の根本理解

ただやみくもに公式だけを使うだけでは時間がかかります。逆に根本を理解していれば、実際に計算をしなくても正解を導くことも可能です。

例えば、分散はどうして2乗するのか?標準偏差はルートをつけるのか?にこたえられない生徒さんは根本の理解がたりません。また、元データに新データとして<平均と同じデータが追加>された場合、どのように数値が変動するかを感覚的に理解できているかどうか?も重要です。

  • tanθとは何か?
  • tanθの図形的意味

この理解が浅かったため第二問(1)は崩壊しました。上と同じで根本を理解するという姿勢が大切です。

図形の一番は最重要!!危険!!中学を思い出せ!!

図形の1番で図形全体が崩壊するということがままあります。例えば、2013年の図形では多くの被害者が生まれています。

相似・中点連結定理などなど中学校知識も要チェックです。

  • 相似の記号選択はチャンス!
  • 「であるから」という表記はチャンス!!

問題では △OAB∽△BA̻? で?を答えさせる問題でした。このような問題では、対応する順番ごとに表記されている!という大原則を知っていると正答はすぐそこです。

つづけて、問題文では △OAB∽△BA̻?「であるから」と続きます。ここで生徒さんは、まったく違う方向性で考えていましたが、「であるから」=相似を利用して、、、とかんがえることです。

 

 

http://ishikenseikouhou.com/wp-admin/theme-editor.php?file=404.php&theme=keni70_wp_cool_green_201701161121