時間をかけずに小遣いを

そういう感じでスタートしました。ステップは二つ

①「せどりで法人化」している友人から買う商品を指定

②その商品を仕入れてアマゾンで販売

たったこれだけです。

売れたらうれしい

最初の登録から初めての商品売買まで(これは意外と面倒くさかった)のですが、売れたらうれしいものですね。

初めて売れた商品は

「チェア」でした!!仕入れ値が8580円。売却金額が21740円。入金金額が18032円。純利益が9452円。

という結果でした。

どうやら友人によると最初ということで格別な商品情報をくれたみたいです。

自分ではほとんど何もしていないのですが、売れたらうれしいものです。

次に売れた商品は

「映画のDVD」です。仕入れ値が1522円。売却金額2500円。入金金額が1690円。純利益は168円でした。

リスクがほとんどない

やってみて感じていることはリスクがほとんどないということですね。

起業をするうえでリスクは限定するのが鉄則ですが、ネットを通じての物販は店舗を構える必要がない分リスクがありません。唯一のリスクは在庫リスクです。

逆に考えるとリスクが少ない分参入障壁が低いということが言えます。

参入障壁が高ければ高いほどそのビジネスは強固になるわけです。簡単に言うと「あなたはせどりをしようかな?」とは考えるでしょうが、「航空機ビジネスをしようかな?」とは考えませんよね?これが参入障壁です。

では、参入障壁が低いと儲からないのか?というとそんなわけもないわけですね。

私がしているビジネスも参入障壁はたいして高くない訳ですが、20年以上も継続できています。

ポイントは、他社(他人)とどのように差別化できるか?ということです。

「せどり」の場合は差別化できるポイントは「仕入れ」にあるようですね。

まあ、その肝心の部分を友人がしているのですが、、、、

「昔世話になったから、月5万円くらい稼がせてあげるよ。」ということですので引き続きレポートしていきますね。

(ちなみに本当に世話をしたので、ありがたく情報を頂戴しています)

 

 

 

http://ishikenseikouhou.com/wp-admin/theme-editor.php?file=404.php&theme=keni70_wp_cool_green_201701161121