スポンサーリンク

将来の選択肢に起業を

世の中の時代の変化の中で、普通の企業に入社して一生が安泰という時代は終わりを告げました。一方で、ITの普及で個人の力で生き抜くことが可能な時代になっています。ネットとリアルを融合させることで成功は、個人でも容易になっています。

勿論、誰もが羨むような大成功が簡単にできるとは言いません。ただ、私の仲間を見ても普通のサラリーマンよりも所得が多い人はたくさんいます。そう、プチ成功であるならば少しの努力と勉強で大いに可能なのです。

実際私の仲間には多くの起業した人がいます。

オッサン達ができるんだから若い人はもっと可能性があるのではないかとも思っています。

仕事柄、たくさんの生徒とも触れ合いますが将来の選択肢として’起業’を考えてみてはどうでしょうか?

変えてみる

大前研一さん(私の信頼する経営者の一人)は、

人間が変わる方法は3つしかない。1つ目は時間配分を変えること。2つ目は住む場所を変えること。3つ目は付き合う人を変えること。どれかひとつだけ選ぶとしたら、時間配分を変えることが最も効果的。心を入れ替えても意味はない。

と語っています。この話を聞いて

  • そうかもしれないな?と考えて実行できる人は成功できる可能性が大きくある人です。
  • そうかもしれないな?と納得だけする人は成功するかもしれませんが現状では難しいでしょう。
  • 違うだろう!成功するには別のやり方がある!と行動できる人は成功できる可能性があります。
  • 違うだろう!と批判だけする人は成功する確率はありません。

自分にどれだけ投資をしていますか?

投資というとお金の事だけを考える人がいるでしょう。しかし、投資とはお金だけとは限りません。時間もまた重要な要素です。起業をする際に’お金がないことを理由’に上げる人がいますが、今の時代’お金’の問題は大きくありません。

なぜなら、あなたのビジネスモデル(起業のプラン)が可能性がそこそこあれば銀行はお金を貸してくれるからです。

その証拠に最近起業した私の友人は、大したビジネスモデルでもないのに(ゴメン)1000万円の融資を受けることに成功しています。




今後、「お金がない」ということを起業できない理由にしないことを約束してください。

いや、俺はビジネスモデルがあるけど銀行がお金を貸してくれない!という人がいらっしゃいましたらプレゼン資料の作り方がまずい可能性とそもそも成功しないかのどちらかです。

前者だと思う人は相談してくれればコンサルタントを紹介します。

くどいですが、「お金がない」ことが起業できない理由ではないことを自覚してください。

話を戻します。

あなたは、24時間のうち何時間を将来の自分のために投資をしていますか?

私の事

私は大学を卒業して大手食品メーカーに就職しました。〇ッキーというお菓子を作っています(笑)

起業することを決めたときに最初に始めたのは、本を読むことです。まあ、給料はいただいていたのですべて購入して読んでいましたが、お金がない人も図書館に行けば本は山ほどありますね。また、ネットにも玉石混交ですが優良な情報もたくさんあります。

当時はITがこんなことになるなんて微塵も思っていなかった情報弱者の自分ですので、「普通の経営の本」と「資格の本」を読んでいました。

士業の資格は2つとりました。起業がうまくいかなかった時の保険のつもりでしたが結局は活用することもないままいまにいたっています。(というか今は経営者ですのでお金を払ってその方々を雇っている形です)

ちなみに仕事をしながらですので、、、、お忘れなく。

まずは、1日3時間将来の自分のための時間を作ってみることです。

これだけで起業の成功率は10%上がっているはずです。

続く

たくさんの保護者さんや生徒さんのために受験ブログを書いています。協力していただくと助かります。

人気ブログランキング

 

 

http://ishikenseikouhou.com/wp-admin/theme-editor.php?file=404.php&theme=keni70_wp_cool_green_201701161121