こども保険

小泉進次郎衆議院議員ら自民党の若手が提案したのが、子育て支援のための「こども保険」だ。

様々な問題点があるが、、、、将来を考える一つの大事な機会として捉えしっかり議論をしてもらいたい。

こども保険構想

  • 厚生年金などの保険料を勤労者と企業がそれぞれ0.1%ずつ計0.2%引き上げる。
  • 国民年金に加入する自営業者などは月160円引き上げる。
  • これで3400億円の財源を生み出し、児童手当を月5000円増やす。
  • 年収360万円以下の世帯は保育料を無償にする。
  • その後、第2段階として保険料を勤労者と起業それぞれ0.5%ずつ計1%引き上げる。
  • 国民年金加入者は、月830円引き上げる。
  • これで、1.7兆円生み出し、児童手当を月2万5000円増やす。

少子化対策・子育て支援の一段の充実としての施策である。

問題点 負担と給付の関係が成立しない

すべての勤労者と企業、国民年金加入者が負担者(当然、すでに子育てが終了した世代も多くいる)

受益者は、子育て世代

となり一般の保険の考え方とは一致しない。

小泉議員は、「こども保険の導入で人口減少に歯止めがかかり、経済が上向きになる。財政や社会保障の持続可能性が高まり、みんなに恩恵がある。」

と説明するが、、、極めて厳しい論理だ。

問題点 子育てはリスク?

保険というのは将来のリスクに備えるという考え方に基づく。そうなると、そもそも子育ては保険の対象なのか?という疑問がわいてくる。年金、介護、医療をまかなう社会保険と同様に徴収したいため「子育て保険」という名前にせざるを得なかったという背景が透けて見えてしまう。

「保険」でなく「税」としてしまった場合には「高齢者の生活問題」が必ず上がってくるはずで、それは避けたいのだろう。

小泉議員は、社会保障給付の高齢者への偏りを是正すると言いながら、「こども保険」の方に前係になっているのだ。

本来ならば、両者をセットとして取り扱うべき問題だ。

それでも、議論をすべきだと冒頭に述べているのは、この国の将来がまったなしに追い込まれているからだ。



スポンサーリンク

断絶

平等はあらゆる善の根源であり、極度の不平等はあらゆる悪の根源である。

という言葉がある。子育て世代、勤労世代、高齢者、、、この「こども保険」を実際に実施すると極度の不平等により社会は混乱するであろう。

いや、すでに現時点で極度の不平等だと感じている人もいるかもしれない。

1票の価値が地域で違うのも問題だが、年代で違うのも問題だ。

小泉議員には、マスコミを通じてしっかりと意見を主張して議論を巻き起こしてもらいたい。

引用の文は、フランス革命の指導者によるものだ。


人気ブログランキング

高齢者への負担も致し方ないという人はクリックお願いします。

 

 

http://ishikenseikouhou.com/wp-admin/theme-editor.php?file=404.php&theme=keni70_wp_cool_green_201701161121