起業も選択肢に入れる

たくさんの子供たちを見ていますが、ここ最近「起業したい!」というこどもの声を聞くことが増えてきました。

データでもそれは表れていて、将来なりたいランキングの7位に登場していますね。高校生や大学生の皆さん、あるいは社会人として働きながらも起業したい!という皆さんのために多少なりとも参考になるように書いていきたいと思います。

起業は選択肢に入れるべき

ここ数年でビジネスシーンは大きく変わっています。10年前に明確にあった大企業>>>中小企業>>>個人事業という図式は崩れたのです。

これは、テクノロジーの発達と時代の流れの速さに起因しています。

起業で成功するタイプ・失敗するタイプ

仕事柄多くの起業してきた人と触れ合ってきましたので概ね成功するかどうかわかります。

成功するタイプ

  • 明るい人
  • 根拠のあるポジティブ
  • 仕事熱心・研究熱心
  • 仕事を任せられる
  • 人脈がある・人脈を作れる
  • 人の意見も聞くが自分の信念もある

失敗するタイプ

  • 暗すぎる人
  • 根拠のないポジティブ
  • 仕事熱心でない・研究熱心でない
  • 仕事を任せられない
  • 人脈がないのに人脈を作れない
  • 人の意見を聞きすぎる
  • 人の意見を聞かない

全部がそろっている必要はありませんが、多くの要素があれば成功する可能性は高くなるでしょう。



スポンサーリンク

 

小さく勝負して大きく育てる

ちなみに平均的な起業の1回あたりの成功率は10%と言われています。ですので小さく勝負して大きく育てるというのが賢明な方法でしょう。

ホリエモンさんが

  1. 利益率が高い
  2. 在庫を持たない
  3. 定期的に一定額の収入
  4. 小資本で始められる

とういのを成功の条件としてあげています。参考になると思います。

人の行く裏に道あり花の山

しかし、一方で私の交友関係で’大きな成功をしている起業家’は流れがある!と感じたときに大きく勝負をした人です。

人の行く裏に道あり花の山という言葉がありますが、一般的な考えで割り切れないのがリアルビジネスです。

最後は喧嘩

ストリートファイトで勝負を決めたのが、三角締めであることは少ないでしょう。

起業でいうなら、起業のための勉強が三角締めになります。

起業をするためにいろいろな勉強をするでしょうが、最後はストリートファイトでも勝つという執念が必要になります。


人気ブログランキング

たくさんの人に読んでもらうためにクリックお願いします。

 

 

http://ishikenseikouhou.com/wp-admin/theme-editor.php?file=404.php&theme=keni70_wp_cool_green_201701161121