スポンサーリンク

対決は必至

一夜明け会見で具志堅用高会長(61)が「井岡君は昨日の試合は見ましたかね?統一戦したらどうですかね」とぶち上げ、比嘉も「やるなら早くやりたい」と同調した。

「盛り上がるなら、そういう試合(比嘉との統一戦)をやっていくのにこしたことはないですね」と井岡選手も語った。

上のコメントは具志堅さんの試合後のコメント。

下のコメントは井岡選手の試合前のコメント。

減量が苦しい比嘉選手は、フライへ試合できるのは数試合としているので早期実現しなければならない。

「井岡 画像」の画像検索結果

必至の理由①

井岡は具志堅用高氏の「世界戦14勝」という日本記録に並んだばかり。比嘉はその具志堅氏の愛弟子。因縁&運命めいた統一戦プランは両者の思惑にプラスして、視聴率をとれるのは間違いない。

両者の思い+その背景 実現する可能性は高い。

必至の理由②

井岡が対戦者の固有名詞をあげて対戦希望するのは珍しい。つまり、井岡選手自体は比嘉選手の戦力を分析して「勝てる」と判断していると思われる。フライにロマゴンなど有力選手がいたときに強豪との対戦を避けてきた過去があるだけに、日本人同士の対決は極めて有効でもある。

この汚名返上のチャンスを逃すと、防衛戦を重ねて具志堅越えをしても評価されないというリスクが出てくる。

指名試合

しかしながら、障害もある。指名試合の存在だ。比嘉のつぎの試合は指名試合になることが濃厚だ。比嘉が次戦をクリアするか?あるいは指名試合を待ってもらうかが必要になる。

試合予想

20日21日の試合で予想を外したのが、村田選手と比嘉選手の試合だ。村田選手はともかく(私の採点でも117-110で村田。くしくもWBAの会長の採点とも同じだ笑)比嘉選手の力は予想を超えていた

今回の試合で相手の減量失敗による調整不足を上げた人もいるが、それを差し引いても比嘉が想像を超えていた。

ガードの甘さからヘルナンデスのパンチが相当ヒットすると予想したが、ガードはしっかりと修正されて試合に臨んでいた。

前に出る圧力も相変わらず強く世界レベルであることを示した形だ。

井岡選手のパターンは

序盤で相手の戦力をたしかめ、終盤にかけて徐々に、確実に崩して倒すという流れ。ガードの固さが大きな特徴だ。ただ、パンチをよけるのに体全体でよけるのでなくガードの上は打たせる。

そして、近づいてボディを中心に相手の力をそいでいく。

そして、スタミナは井岡選手は相当ある。その井岡選手をどのように攻略できるのだろうか?

  1. アッパーが有効に使える
  2. 遠い距離からパンチが打てる
  3. 前半勝負
  4. 距離が詰まったらクリンチをうまく使う

以上3つがキーポイントだと考える。詳しく見てみよう。

左右のグローブを縦に構え、顔面をカバーする井岡に対しては、アッパーが有効であることは唯一の黒星をつけたアムナットが証明している。

また、遠い距離からの有効なパンチが少ない井岡選手にとっては遠距離からのジャブ(井岡のジャブよりも遠い距離)も有効に機能する。

さらに序盤を一気呵成に攻め立てることは少なく、前半は相手にペースを渡さない程度にやり合い、押したり引いたりしながらボディブローでじわじわと相手にダメージを植えつける井岡を攻略するには前半勝負が基本です。

加えて、中間距離から接近戦で手数が出る井岡相手に近づいたらクリンチを徹底する。

基本パンチの数を打つタイプでない井岡はこの展開で逆に塩漬けされる可能性が高い。

まあ、これらのことを実践するのが難しいんですが、、、



スポンサーリンク
比嘉選手はタイプ的には上記は当てはまらないのです。1のアッパーはエルナンデスからダウンもうばっているのですから打てるでしょうし、前半勝負もできるでしょう。しかし、2・4が厳しい。

それでも、比嘉選手のパンチがガードの上からでも井岡選手の想定を超えて相当効くのであれば光明は見られるでしょう。

しかし、試合自体は井岡選手の好きな距離で進むでしょうし、カウンターが得意な井岡にとってKOパンチを狙ってくる比嘉は相性抜群に思えます。

勝敗は井岡の勝利を予想します。

 

この階級で最強を証明したい。
会長も僕の思いをわかっている。 その時はそう遠くはない。

フライ級で統一チャンピオンになる準備はできている。
2017年に統一戦をしてチャンピオンになる

これも井岡選手の言葉です。

とりあえず他団体との統一戦でも構いませんが、言行一致でお願いします!!!

正解のボクシングが視聴できるので非常に助かっています。日本最大のビッグマッチ亀海vsコットも視聴可能です!!


人気ブログランキング
勝敗はともかくビッグマッチをしてくれ!という人はクリックお願いします。

 

 

http://ishikenseikouhou.com/wp-admin/theme-editor.php?file=404.php&theme=keni70_wp_cool_green_201701161121