スポンサーリンク

すると思っていたが、、、

インターネットテレビ局「AbemaTV」が設立1周年を記念したスペシャル番組「亀田興毅に勝ったら1000万」が5月7日に放送されます。タイトルどおり、日本人初の3階級制覇を果たした元プロボクサーの亀田選手に勝利することができれば、賞金1000万円を獲得できるという内容です。

その対戦相手として名乗りを上げたのが、私のブログでも取り上げることがある那須川天心選手!!

那須川選手が挑戦者として名乗りを上げたときは、「まあするでしょう!」と私は思っていました。

理由① 亀田選手が現役時代に強い相手との対戦を避けた経緯があるので、ここで逃げると炎上するから。逆に試合を受ければ男が上がるから。

理由② ボクシングルールであること

理由③ たとえ負けても現役でないのでリスクがないということ

理由④ 対戦が決まれば、AbemaTVとしても宣伝効果が大きいこと

以上の理由から、亀田選手にとっても、AbemaTVにとってもおいしいと思われた。

しかし、、、、

対戦相手決定!!

亀田興毅 1000万円 挑戦者決定に関連した画像-03

1週間の期間で2000人以上の応募があり、その中から選ばれたのは4人歌舞伎町ホストクラブの支配人・神風永遠(年齢非公開)現役高校教師・松本諒太51万人の登録数を誇る人気ユーチューバー・ジョー(25歳)北関東最大の暴走族の元総長・ユウタ(33歳)の4人、、、、

うーーん、、、、、絶対那須川選手の方がよかったんじゃないですかね?

素人の4人ですので亀田選手も本気で殴れるわけもなく、グダグダになるような気しかしません。笑

那須川選手を避けた理由

当然、負けるリスクはあるわけです。しかし、上に書いた通りすでに引退している亀田選手が、現役の天心選手に負けてもダメージはありません。




推測① リスクを避けてのは運営側=1000万円がおしかった?

推測② フルぼっこになると思った?=いくらなんでもフルボッコになったら格好悪いと思った?

推測③ 別の機会に対戦が組まれる可能性がある?=注目度が上がり、視聴率もとれる試合。これを、わざわざAbematvでやるのはもったいない、両者の対戦意思が確定している以上さらにビジネスとして大きく膨らませる。

個人的には理由③の可能性が高いと思います。亀田VS那須川が決定していたとしたら、私が社長でも「もっと、大きなビジネスにしろ!」と関係者を納得させるでしょう。

現にAbematv自体の収益性は現在高くない状況です。多くの視聴者を引き付けるこの企画を、もっと上手に運営する予定なのではないでしょうか??

追伸 当日は解説として、タケル選手がくるようですね。那須川選手との接触を避けたいというK-1側の忖度があった可能性もありますね。

よって、

  1. RAIJINなどで対戦することが内定している
  2. 亀田選手がぼこられると思って対戦回避
  3. 1000万円失うリスクをアベマがとれなかった
  4. タケル選手へのk-1側の忖度

以上4つが考えられます。Abematvてきには圧倒的に’おいしい’那須川選手柄のオファーだったんですけどね。

みなさんはどれが対戦回避の理由だと思いますか???

正解のボクシングが視聴できるので非常に助かっています。日本最大のビッグマッチ亀海vsコットも視聴可能です!!

少なくとも「亀田選手と戦いたいという熱意が強い順に選んだ」という主催者発表は絶対に違うと思います、、、

 


人気ブログランキング
ただ逃げただけなんじゃない?と思う人はクリックお願いします。

http://ishikenseikouhou.com/wp-admin/theme-editor.php?file=404.php&theme=keni70_wp_cool_green_201701161121