スポンサーリンク

ジョシュア 11ラウンド KO勝利

4・29英・ロンドン
▼IBF&WBAスーパー世界ヘビー級タイトルマッチ 12回戦
IBF王者・アンソニー・ジョシュア(英国) × WBA同級2位・ウラジミール・クリチコ(ウクライナ)

9万人を集めて行われた、ジョシュアVSクリチコは、11ラウンドにそうそう勝負をかけた27歳のジョシュアが41歳のクリチコをKOしました。

まず、KO決着予想!後半ジョシュアがクリチコを振り切る!との予想はピタリと当たった!

ジョシュア前半勝負 クリチコ 6ラウンドの誤算?

ジョシュアは、1ラウンドこそ慎重だったものの3ラウンドあたりからはプレッシャーをかけてきた。そして、5ラウンドにはクリチコからダウンを奪った。

しかし、6ラウンドには逆にクリチコにダウンを奪い返される。

このときのジョシュアは、もうフラフラだった。ジョシュアのコメント「持ち直して勝つことができた!」ということからも、相当なピンチだったことは明白だ。

IFがあるならば、、ここでクリチコが勝負をかけていたなら、、、結果は別のものになっていたかもしれない。

「後半勝負」という思いがクリチコをセーブさせたと推測する。これが、結果的に誤算となる。

7ラウンド、8ラウンド

「休むことに徹したジョシュア」「ポイントだけをとることに徹したクリチコ」両者の思惑が一致した。クリチコが削り切った、、、と思った11ラウンドのスタートに、ジョシュアは逆に勝負をかけた。




クリチコのコメント、「今日は、アンソニーの方が強かった!」という言葉には相手へのリスペクトとともに、次やればわからないよ!という意地も感じられた。おそらく現役は続行するのだろう。

ワイルダーとの勝負

観戦にはいずれ対戦が予想されるワイルダーもいた。

現時点で、ワイルダーと戦うことになれば、ジョシュア有利だと思える。

しかし、ジョシュアが「ダウンしたことによって見せた底」により今後の対戦相手は、そのように戦ってくる。それを上回ってジョシュアが成長できるなら、つまり経験を糧にしてさらに強くなるのなら、ジョシュアを中心にしてヘビーが回っていく事になるだろう。

日曜日早朝からの試合であったが、早起きしてよかった!と思える好試合であった。

両者の勇気ある戦いの拍手!!


人気ブログランキング
ジョシュア勝利を予想した人はクリックお願いします。

 

 

 

 

http://ishikenseikouhou.com/wp-admin/theme-editor.php?file=404.php&theme=keni70_wp_cool_green_201701161121