スポンサーリンク

①YKK子育て法で非認知スキルを伸ばす

やれる気/感動/好奇心を育てる、そして危機感を身につけさせてください

以上は「子育ての土台」あるいは「子育ての軸」になるものです。土台が崩れない、軸がぶれないというのは、とても重要ですので一番気を付けるべきことになります。詳細は別ページをご覧ください。

②YKK重要習慣で「親の言葉を磨く」「親の態度を磨く」

否定言葉は使わない/尊敬する人がいる、人を褒めることができる/感謝する/素直さを身に着ける/アンカリングの活用/こどもに選択させる/ついている

土台や軸が決まったらそれを血肉のごとくお子さんに刷り込んでいく必要があります。そのための習慣が以上になります。詳しくは別ページをご覧ください。

③目標を決めて行動する

子育て本では、足りないところがこの部分になります。後は勝手に子供が育つという、議論では「再現性」があまりに薄いと言えるでしょう。

ただし、中学生になって子供が自分の目標を見つけたら、親はそれを尊重する「覚悟」だけはもっていて欲しいです。

例えば、医者になるという方向性で目標を決めて子育てをしてきた、、、ところが子供が、弁護士になりたいと言い始めた。そんな場合は、議論を尽くしたうえで子供の意見を尊重する!ということです。

どんな道に進もうとも、YKK子育て法やYKK子育て重要習慣を身に着けておけば、立派に成長してくれるでしょう!!

(逆に言えば、小学生の間は「親と一緒に目標に向かう!」という姿勢はあってしかるべきだとも思います。よくある親子げんかとして、目標の設定も何もしていなかった親子が、「高校くらいはいきなさい!」という論理で無理やり勉強をさせようとする光景を見かけます。当然、難しいです。)

④国立大学に行くには/一流大学に行くには

ここから先は専門職のはなしになります。私には、プロ野球選手にこどもを育てるノウハウはありませんし、料理人を育てる知識もありません。ただし、勉強については何をしたらよいかは把握していますので、それについてお話しします。

勉強が得意になるには大きく3ステップが必要です。

  1. 勉強は役に立つという意識を共有
  2. 勉強と日常の垣根をなくす
  3. 実際に勉強する

これらも記事としてかいていますので、探して読んでくださいね。

幼少期の習い事おすすめ

そろばんとピアノ

そろばんは東大生がやってよかった習い事NO1です。ピアノもできるだけ長く続けることをおすすめします。

漢字検定

国立大学を目指す、一流大学を目指す、どちらの場合でも学年に応じた級をとっていってください。

学校のテスト

国立大学を目指す場合 ほぼ100点を目指してください。(学校のテストの平均)テストで苦労していると感じたら、早めの対処が必要です。小学校低学年でも、早いということは絶対にありません。むしろ、早い方がよいくらいです!!

塾に行くか、通信教育が良いでしょう。普通の国立大学を目指すのなら、通信教育はチャレンジが適していると思います。

勉強に対してのマインドとしての最低条件は、「勉強は嫌いではない」です。

上位国立大学/一流大学を目指す場合、学校のテストがほぼ100点であることに加えて、学年でほぼトップである必要があります。それを明確にするために、外部のテストはかならず受けましょう!!そこで、中学受験のレベルを知っておくことが必要ですし、許されるなら中高一貫校にすすむべきでしょう。

塾には行った方が良いです。加えて、小学校4年生からはz会の通信教育をお勧めします。

加えて、ジュニア算数オリンピックなどには積極的に参加してください。

勉強に対してのマインドの条件は、「勉強が好き(特定数科目でよい)」あるいは、「受験勉強で友達と競うことは楽しい」です。

マインドの鍛え方も記事として書いてありますのでよんでおいてください。

ここまで条件をそろえれば、中学生から先は、子供が自走していってくれる可能性が高くなります。

最後になりますが、小さいお子さんの差は、親の皆さんが思うよりも大きいです。勿論、リアル逆転がないわけでないですがめったに起こらないから話題にもなることを忘れないでください。

教育に対する費用の事は気になるところでしょう。しかし、アメリカで大卒と高卒の時給の差が2倍になっていることを考えると、また教育に対する投資のリターンが高いことを考えても、お子さんのためにしっかりと投資をしてあげることは経済的にもとくになるのではないでしょうか?(リターンを得るのはお子さんになりますが、、)


人気ブログランキング
お子さんの幸せのためにクリックお願いします。

 

 

http://ishikenseikouhou.com/wp-admin/theme-editor.php?file=404.php&theme=keni70_wp_cool_green_201701161121