幽霊

【お化け怖い】【幽霊怖い】こどもが絶対に、どこかのタイミングでいうセリフですね。そのタイミングをのがさずに、

「私も、お化けは怖いと思ってたよ。でも、今はいたらいいと思うの。」といってみてください。

こどもは当然、「なんで?」と聞いてきます。【固定観念をひっくり返す】ことで考える力が着く!と思っていますのでこういう仕掛けは頻繁にしていました。

勉強の枠を広げるにも通じますね。

「どうしてだと思う?」これに対して子供が意見を述べたら、「なるほどおお!」と大げさに感動してあげてください。これは、小さなアンカリングになります。

0と1の大きな違いを教えるチャンス!

どうしてお母さん(お父さん)はそう思うの?と聞かれたら大チャンスです。

「だって、幽霊が存在してくれたならあの世があることの証明になるからね。極楽も存在することになるじゃない?幽霊がいなかったら、天国も極楽もあるかどうか断言はできないでしょ。」

「なるほど!!」←かなりの確率でこの言葉が出ると思います。



スポンサーリンク
「〇〇ちゃんは、宇宙人はいると思う?」

「ぼくたちが、地球人だからいる可能性はある?」

「私も、そう思うわ。0と1じゃ大違いよね。0というのは昔は「数」として認められてすらいなかったのよ。ところで、その0ってどこの国で発見されたと思う?」

「わかんないなあ。」

「インドという国よ!みえないものを数として認める!という発想が数学に劇的な進歩を与えたらしいのよね。」

ここで、世界地図を開いて「インドってどこだと思う?」と話を展開していくととても有効です。

興味を引出す、興味を持った瞬間に話を広げる

こどもの興味を引出すこと、興味を持った瞬間に話を広げることは子育てにおいて重要です。

例えば、【ひらがなが読めるようになったときに、多くのお子さんは漢字にも興味を持ちます。】

その瞬間に漢字の面白さをいかに伝えきるか?というのが大切です。

こどもに大きく影響を与えるものの一つに【親の価値観】や【親の言葉】があります。

たとえ、お母さんが、漢字が嫌いであったとしても【漢字嫌い】【漢字覚えるの楽しくない】とお子さんに話すのはNGだということですね。【親の言葉でこどもの心はできる】のです。

【漢字って面白いよね】【象形文字ってのがあるんだあ。】とわくわくする姿を見せてあげてください。

あ!?幽霊ですか????

勿論、わたしは怖いですよ。(笑)


人気ブログランキングたくさんの人に読んでもらうためにクリックをお願いします。

 

 

 

 

http://ishikenseikouhou.com/wp-admin/theme-editor.php?file=404.php&theme=keni70_wp_cool_green_201701161121