チャンク化

暗記の小手技として【チャンク化】というものがあります。【チャンク】とは、「塊」などと言った意味で、「チャンク化」とは記憶対象を覚えやすい塊に分けることを言います。

無意識で【チャンク化】をしている受験生もいるでしょう。しかし、多くの生徒さんと話してみてこの【チャンク化】を実行できていない受験生がいるのも事実です。

小手技として覚えておきましょう。

チャンク化の例

よく言われる例が数字の覚え方ですね。例えば、875693469という数字の羅列は覚えにくいですが、875-693-469という風に分けると、ぐんと覚えやすくなります。

このように物事を小グループにわけて暗記すると覚えやすくなります。

例えば、熟語を覚えるのが苦手な人は

GETシリーズとかOVERシリーズとかでまとめる

get out が出てきたときに、get over/get at と一緒にまとめて覚えることをしてみてください。




あるいは、前置詞で分けてみて talk over/get over などとチャンク化するのもよいでしょう。

あえて覚える量を増やしてチャンク化する

さらに、覚えにくい単語は、敢えて反対語と一緒に覚えるのもチャンク化の例です。

  • straighten(伸ばす)-bend(曲げる)
  • admire(誉める)-despise(軽蔑する)
  • open(開ける)-close(閉める)
  • allow(許す)-forbid(禁じる)
  • arrive(到着する)-depart(出発する)

などと覚えるといいですね。

システム英単語のすごいところ

おすすめの英単語帳でもおすすめした、システム英単語は【チャンク化】の宝庫です。同書ではこれを、ミニマルフレーズと呼んでいます。

ミニマルフレーズとは、2~5words程度の非常に短いフレーズのことです。まさに【チャンク】ですね。

完結した一つの文ではなく一つの句のようなものです。ターゲットとかの、例文より長すぎることはなく、逆に単語だけという覚えにくいものでなく、扱うのに丁度良い分量で構成されています。

具体的には、

progress には、make progress toward peace というミニマルフレーズがついています。

繰り返し言いますが、要領の良い受験生は、例文からこのようなミニマルフレーズを見つけ出して覚えているのです。

ですので、ターゲットをやってもDUOをやっても問題はないでしょう。しかし、そうでないならやはり【チャンク化】してある、システム英単語をおすすめします。


人気ブログランキング【チャンク】!?ああ。おすもうさんが食べるやつね?というボケを思いついた人はクリックお願いします。

 

 

 

http://ishikenseikouhou.com/wp-admin/theme-editor.php?file=404.php&theme=keni70_wp_cool_green_201701161121