5月20日、全勝全KOの相手との好カード

これは、いいマッチメークですね。相手は指名挑戦者のアコスタです。レコードは、16戦16勝16KOのパーフェクトレコード!!亀田大毅を下したビクター・ルイスに勝利。翌年、WBC中米王座を獲得し1度防衛。昨年、ファン・グスマン、ルイス・セハの有力選手を2回以内に倒しています。前回2月の挑戦者決定戦は、1位・ジャフェ・ウトニ(ナミビア)を10回TKOで、下していますので文句なしのトップコンテンダーです。

画像検索結果



動画を見てみた

アコスタの動画を見てみました。ガードが低い。フックぶんぶん振り回す。パンチの強弱はないという感じ。打たせずに打つというファイトスタイルではなく、肉を切らせて骨を断つ!というタイプですね。

戦績、レコードの割に穴はありそうですが、、、クアドラス(ロマゴンと好勝負をした選手)もタイトルをとるまで荒っぽかったんで似ているように感じました。

きれいなスタイルの田中が、このようなタイプを「おいしい」と思えるか、「危険」と感じるかはファーストコンタクトにかかっているような気がします。

内山VSコラレスの第二戦が、第一戦と様変わりしたように序盤をさばければ、田中ワールドに持って行けるような気がします。序盤に距離を取りながら、ヒットを稼ぎ、アコスタが落ちてきたところでカウンターでKO勝ち!と予想しておきます。

テレビ中継の問題

田中の試合は残念ながらいままで全国放送はないんですよね。YOUTUBEで動画を探してみるみたいな感じになっているので残念です。今回はどうなんでしょうか?

田口、井岡に挑戦状

そんな田中ですのでビッグマッチを切望しているように感じます。同級タイトルをもっている田口(つよかっこいい)との対戦です。また、階級を上げて井岡に挑戦というマッチメークも希望しているみたいですね。

田口、井岡と現時点で戦えば五分だと思います。しかし、ノビシロが田中には感じられるんですよね。

ぜひ、ファンが望むマッチメークを業界にはお願いしたいところです。

ここで、出てくるのがテレビ局の問題なんですよね。でも昔、辰吉VS薬師寺を実現させたこともあるのでクリアできない問題ではないと思うのですが、、、

同日は村田も世界へ!

正式発表はまだのようですが、5月20日は、村田選手も世界初挑戦の予定です。村田も勝てば、ゴロフキンとの試合も現実味を増してきますね。ゴロフキンも前回の試合でボディに弱さを見せたことで、攻略法できる可能性も少しはあるように感じます。

両者とも勝ち残ってビッグマッチへ歩んで欲しいところです!!


幼児教育ランキング田中選手勝利を予想する人クリックお願いいたします。

 

http://ishikenseikouhou.com/wp-admin/theme-editor.php?file=404.php&theme=keni70_wp_cool_green_201701161121