スポンサーリンク

たった5分で、、、

最初に断わっておきますが、「簡単に、、、」「たった5分で」「聞くだけで、、、」なんてフレーズは好きではありません。それでも、今回あえてこのフレーズを使ったのは脳科学的に正しい勉強法だからです。

勉強の終わり方

残念ながら勉強時間が5分で成績が上がるというわけではありません。まず、その前に勉強の進め方ですが2つのパターンがあります。みなさんはどちらでしょうか?

決めた範囲までやりきる

勉強が得意な、あるいは嫌いではない生徒さんに多いパターンです。トップ校を目指す生徒さんや、志望校が明確な生徒さんはこのやり方を、身に着けるべきです。無理な設定や簡単すぎる設定では意味がありませんので注意して下さい。この勉強法の良いところは、「達成したいことの逆算」ができるということです。

例えば、〇〇大学に入るためには〇〇という問題集を2回しないといけない。そのためには、1日〇〇ページやる必要がある!という逆算ですね。


スポンサーリンク

時間を決めて達成する

勉強が苦手なあるいは好きではない生徒さんに多いパターンで初めて良いです。1日5時間とか決めて勉強するやり方です。こちらの勉強法は内容よりも時間になっています。とりあえずそれでスタートして、志望校が決定したら「決めた範囲までやり切る」勉強法に変えていきましょう。時間管理型勉強法は、それまでの暫定的なやり方です。

いずれにしてもやり切る

どちらのやり方を現在採用しているにしろ、「やり切る」ことが必要です。これだけは、忘れないでください。目標を定めて達成することに脳は喜びを感じるものです。

最後の5分の使い方を変えましょう

1科目勉強し終わったあとの5分の使い方を変えることで成績が大幅にアップすることがはっきりしました。すぐに振り返ることの大切さは、脳科学的には、「エビングハウスの忘却曲線」で知られています。下の図をみればわかりますが、忘れるのがふつうなんですね。

それを、実証するためにある学校が授業最後の5分を各自の復習としたところ明らかに成績が上がったというのです。

例えば数学を勉強し終えた。その際に、すぐ終わるのではなく5分を使って、新しく覚えたことは何だったっけ??と考えてペラペラとめくるだけで定着度は画期的に上がるということです。

まとめ

範囲を決めてやり切る勉強法と時間管理型勉強法がある。志望校を決めたら、範囲やり切り勉強法に変える。

終わりの5分を復習に充てると効果抜群である。

人気ブログランキング

 

http://ishikenseikouhou.com/wp-admin/theme-editor.php?file=404.php&theme=keni70_wp_cool_green_201701161121