スポンサーリンク

中高一貫校に通わせる最大のメリットは感染

「感染」とは宮台真司さんの「日本の難点」にある言葉です。非常に簡単に要約しますと、「人間というのは、スゴイ奴に感染する。そして、「本当にスゴイ奴とは、必ず利他的である」」となる。「感染」することは人生に大きな影響を与えます。

「中高一貫校」に通わせた場合、「本当にスゴイ奴」と遭遇する可能性は圧倒的に高くなります。また、私学という特性上「スゴイ教師」に出会う確率も上がります。

教育とは、複合的なものです。家庭での教育がダメダメでも、「感染」が起こると子供は覚醒します。その確率を上げるためには中高一貫校を選ぶというのは良い選択であると言えます。



スポンサーリンク
一方の公立中学では、「たまたま悪いクラス」になった場合になかなか良い手立てが見つからないというのが現状です。前述べたこととは逆に、YKK子育て法がしっかりしていればそれらの不遇には負けないでしょうが、ハンデにはなるでしょう。勿論、公立中学校でも、「良いクラス」に恵まれる場合もあるでしょう。あくまで確率論の話です。

大学受験に有利

大学受験のことを考えれば、中高一貫校が圧倒的に有利になります。

  • 授業時間が長い
  • 中学校ですでに高校内容に入る
  • 高2までに高3の内容は終わる などというのは一般的な事でしょう。

親の意識が高い

親同士の交流も活発です。基本的に大学に対して意識が高い保護者さん同士ですので、「良いママ友」になれる可能性が高いです。

デメリット1

費用が掛かる。特待生でないなら、応分の費用が掛かります。月額3万円程度の学校が多いようですね。プラス塾は必要でしょうから、毎月5万円~6万円の教育費の支出となります。一方で、学歴により年収は変わってきます。

学歴(生涯年収) 男性 女性
中学卒 1億7130万円 1億1050万円
高校卒 1億9040万円 1億2470万円
高専・短大卒 2億40万円 1億5890万円
大学・大学院卒 2億5180万円 1億9930万円

しかしながら、教育を「投資」であるとみるとデメリットであるとも簡単に言えなくなります。こどもが将来稼ぎ出す金額>>教育費用になるのなら良いのですから。

デメリット2

「勉強嫌い」で入学して、「感染」も起きなかった場合が一番の悪い状況となります。中高一貫校の「やる気のない落ちこぼれ」は6年間を無為に過ごす可能性が高くなるからです。

公立中学では、「多面的に生徒を見てあげる」ということは、中高一貫校よりは優れているのです。「体育ができる子」「美術ができる子」「音楽ができる子」にもスポットライトが当たりやすいでしょう。高校進学時点で、再度進学先を考えることができることも公立ならではですね。

判断基準

  • こどもを大学に進学させたい
  • 勉強中心に中学高校生活を送らせたい
  • こどもが勉強が嫌いでない←これ重要
  • 教育を投資として考えることができる なら中高一貫を選択して良い結果が出ると思います。「こどもが勉強が嫌いでない」というのが最悪を防ぐキーワードになります。

一方で、子供の多面的な部分を見てから、将来を考えさせたい!という思いが強いのであれば、公立が良いでしょう。この場合、保護者さんの教育へのコミットが私立よりは当然必要になるでしょう。それが、最悪を防ぐ、キーワードになります。

中高一貫 公立中学校 どちらもメリットデメリットがあることがわかっていただけたと思います。

最後になりますが、私の子供は「地方の中高一貫校」です。

<参考になったかも、という人はクリックお願いします>

 

 

http://ishikenseikouhou.com/wp-admin/theme-editor.php?file=404.php&theme=keni70_wp_cool_green_201701161121