アンカリングとは?

イチローの

   これだ!!

最高の自分に変身するために、イチローはこのポーズをしている。言い換えれば、自分の変身スイッチだともいえる。イチローはこのポーズをしながら、「過去最高の自分のイメージ」を呼び戻しているのだ。

もと巨人の桑田投手は、ピンチになるとボールに話しかける。「このバッターにはアウトコース低めに投げれば、俺は必ず打ち取れる」などと。桑田投手にとっては、「ボールに話しかける」という行為がアンカリングとなっている。

これは、一流選手だけしかできないものであろうか?もちろん、そうではない!!みなさんにも、みなさんなりの「頑張った瞬間」があったのではないか?いや、必ずあるはずだ。つらいときにそれを乗り越えた瞬間があるはずだ。あるいは、自分が最高のパフォーマンスを発揮したときがあったはずだ。

それを思い出すことで、目の前の困難を克服しようというのがアンカリングだ。




逆の見方をすれば、一流選手ですらアンカリングという心理的なテクニックを使っているともいえるだろう。であるなら、凡人であるみなさんこそ、アンカリングを用いるべきではないか?

自分のアンカリングを決めよう

いかにアンカリングの手順を示す。参考までに高校時代に私が用いた、アンカリングも書いておく。勉強のやる気が出ないときは、アンカリングをするのだ。

1 一番できた時を思い出す

私の場合は、勉強頑張って一番成果が出てうれしかったことを思い出した

2 自分を鼓舞する言葉を決める

私の場合は、燃える闘魂!!だった。(高校時代プロレス好きだったのだ)

3 そして、ポーズを決める

頭の中では、「猪木ボンバイエ」そして、「燃える闘魂!アントニオー猪木ーーー」とポーズする。

この瞬間、「私は最高の私になれるのだ。」



スポンサーリンク

最高のアンカリング 志望校の小石

志望校を下見に行ったら、ひとつ小石をとってくるのがいい。そして、筆箱にしまっておくんだ。長い受験への道。人間だから、モチベーションが下がるときもあるだろう。そんな時、小石を強く握りしめて「俺は、大丈夫」とつぶやくんだ。

微差の勝負

みなさんは微差の勝負をしている。受験まで1枚1枚、紙を積み重ねているのだ。君には、厚さが、昨日と今日変わっていないように思えるだろう。しかし、365枚積み重ねればどうだろうか?

今日一日積み重ねる。今日一日積み重ねる。厚さは熱さに変わる。

これが、みなさんをとんでもない所に連れて行ってくれるのだ!

 

 

http://ishikenseikouhou.com/wp-admin/theme-editor.php?file=404.php&theme=keni70_wp_cool_green_201701161121