ユリゲラーはヒーローだった

今日の、羽鳥さんのモーニングショーの冒頭で、「ユリゲラーさんの超能力をCIAが認めていた」ということをしゃべっていたんで、ものすごい勢いで目が覚めました。(^_^)

若い人には、ユリゲラーさんがどんな人か知りませんよね。こういう大前提を確認せずに話していると、飛鳥ショックの再来となってしまいますので。(飛鳥さんが逮捕されたときに、さんざん高校生の生徒さんに語った後、「ところで、その飛鳥さんというのは誰ですか?」というのを飛鳥ショックと名付けている。)

ユリゲラーさんは、日本テレビの木曜スペシャルという番組で「スプーン曲げ」を披露し超能力者として、一世を風靡した人物です。超能力者を発掘する?とかの企画もありました。テレビの前に、スプーンをもってきて、ユリゲラーさんの力を借りて曲げる!とか壊れた時計を準備させて、壊れた時計を動かす!とかの実験をしていました。

当時小学生だった私も、テレビの前で「動け!!」とやっていました。(;^_^A アセアセ・・・

当時の私の結論

そういってオカルト好きになっていった私です。といっても当時は、オカルトブームでしたね。ざっと思い出すだけで、70年代から80年代にかけて

  • 恐怖新聞/後ろの100太郎
  • 清田少年
  • ノストラダムスの大予言
  • 宜保愛子さん
  • マリックさん
  • サイババさん

これだけのことが思い出せます。基本的にオカルト好きなのですが、理系の人間の悪いところなのか?真実を突き止めようとするんです。ヾ(=^▽^=)ノ当時は、インターネットもありませんでしたので、本が情報源のすべてでしたが、、、ユリゲラーさんが、「もとマジシャン」であったということを知り、私の中の超能力ブームが終了したことを覚えています。

話は変わりますが、当時はプロレスブームってのもありました。「プロレスはガチなのか?」「プロレスは八百長なのか?」というのを当時友達同士で、言い争っていました。

理系の私は、「プロレスはガチ!」派でした!!!ヾ(*~∀~*)ゞ

うーん、ネット社会にはないロマンがありますね?

CIAの結論

CIAは、1973年8月にユリゲラーさんの超能力を検証。その際に行われた検証実験全てを公開し、ユリゲラーさんの超能力が本物であると結論付けた(1月17日)*その際に行われたのは透視実験だったようだ

この結果から次の二択になるわけだが、、

  • CIAも騙された
  • 実は本物

超能力バスターの存在を知る

私が超能力を信じなくなった一つの理由に超能力バスター「ランディ」さんの存在を知ったことがある。彼の言っていることはシンプル、「自分の目の前で超能力を見せてくれたら、100万ドル!!」というものだ。過去にたくさんの「自称」超能力者がチャレンジし、彼の前に敗れ去っているのだ。

つまり、富と名声を手に入れようと思うなら、最短距離としてランディさんが存在する。しかし、誰もランディさんに勝てていないのだ。

*本日のモーニングショーで、CIAはユリゲラーさんに50億円支払っているということがわかりました。さらに秘密裏の計画を実行していたのだとすると、ランディさんに挑戦することは逆にありえないという結論になります。

 

超能力と言えば大槻教授

超能力と言えば、大槻教授だ。この件について、大槻教授は、「CIAも騙されました。この程度のマジックに騙されるなんて、お粗末です。」とコメントしています。

ps

先日、みんなで飲みに行きました。私の会社の仲間と、友人の会社の仲間。合計10人の飲み会です。そこの居酒屋ではチンチロチャレンジというのがあり、サイコロが2つおいてあります。

散々酔った後、会計の前に、「もし、〇〇がピンゾロを出せたら今日全員分おれがおごるよ!!そのかわり偶数が出たらお前のおごりね!!」というオファーを。

そして、そのとんでもないオファーを受ける、確率論を無視した私!うーーん酔っているって素晴らしい!!!

ちんちろりーん

 

超能力はあると思いますか??(実話)


人気ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

 

 

http://ishikenseikouhou.com/wp-admin/theme-editor.php?file=404.php&theme=keni70_wp_cool_green_201701161121