前向き勉強の特典 マイナス言葉の放棄

「前向き勉強」には大きな特典が付いてきます。「前向き勉強」とは、「勉強しなくちゃいけない。。。」という時にどうせするのなら、どうせするなら「楽しんで勉強しよう!」と考え直すことでした。そして、できれば口に出していうようにしてほしいのです。「勉強しよう!」と。実際に口に出す言葉というのは、とても影響を与えます。自分にも、そして他人にも。

「前向き勉強」ができる人は、心でマイナスに感じたことを手直しして口にできる人になれます!

このような習慣ができるような人は、マイナス言葉を使わないということも徐々にできるようになります。そして、マイナス言葉は、成功と密接に結びついています。口に入れるもので体ができるのと同様に、耳に入れる言葉で心ができるからです。


みのもんたさんも実践

実は、マイナス言葉を放棄するということは、多くの成功者が実践しています。みのもんたさんは、「寒い」「暑い」「忙しい」「疲れた」という言葉は意識して使わないようにしているそうです。数年前の、みのもんたさんの強烈な忙しさといったらなかったと思います。しかもご高齢ですしね。みのもんたさん基準で考えれば、誰も「忙しい」「疲れた」なんていえませんよね。


下町ロケットのモデル植松さんも実践

下町ロケットのモデルとなった、植松努さんも次のように言っています。「暑い、寒いだなんて僕たちは温度計じゃないんだから、、、」「だったら、どうするのっていう意思を言わないと!」と。同時に、植松さんは次のようにも言っています。「世の中からどうせ、無理をなくしたい!」と。


このように、プラスの言葉は、考え方をプラスに変え、行動をプラスに変え、そして、結果さえもプラスにしていくのです。「前向き勉強」を習得したならば、みなさんの人生も大きく変わっていく事でしょう。

これが、「前向き勉強」を習得した特典です!

どうですか?これ以上ない特典だと思いませんか?

http://ishikenseikouhou.com/wp-admin/theme-editor.php?file=404.php&theme=keni70_wp_cool_green_201701161121