前回は、受験の専門家があなたの、センター試験の得点率を

どのように予想するのかを話した。

そして、「文法/語法」こそが大事であると力説した。

模試やセンター試験での配点自体は低いが、将来の英語の伸

びを見るためには、「文法/語法」こそが大切なのであった。

また、それに加えて「単語」が大切であることも話した。

 

今回は、それを裏付ける証拠について話したい。

その前に、みなさんに作業をしてもらいたい。グーグルトレンドを

使って、「英語」を検索してもらいたいのだ。

すると、嫌いな右肩上がりの直線が出てくることと思う。

これは、英語ニーズの高まりということを意味する。

 

その理由は明確だ。文部科学省の方針として、「英語力の強化」が

あげられているからだ。その改革は2020年から始まる。

ここでは、細かい議論は避け、文科省が最終的な出口をどう考

えているかを話そう。

中学校卒業時 英検準2級レベル (現在英検3級)

高校卒業時  英検準1級レベル (現在英検2級)

ということだ。

 

「2020年?あー俺には関係ないなあ?」と思った、そこのあなた!

発想が貧困すぎる。君が、就職した後に入ってくる新入社員は

英語が準1級レベル。そんな人が、がんがん入ってくるのだ。そし

て、その時期には「プログラミングも必修化」されているので、そこ

らへんのスキルが高い可能性もあるだろう。

 

だとすれば、君たちは「受験の英語」でなく「使える英語」を学んで

おく必要がある。

 

それでは、「使える英語」を最も実践している人は誰であろうか?

そして、その人はどのような学習法を勧めているのであろうか?

 

前者の答えとしては、同時通訳者というのが最適であろう。特に、

フォーマルな場所での同時通訳者だ。

 

そして、その同時通訳者の中でも神様といわれている人物は、

やはり「文法/語法」そして、「単語」の学習をきっちりしていくこと

から始めることを推奨しているのだ。

 

勿論、「文法/語法」「単語」というのは、非常に泥臭いものだ。

 

聞き流すだけで、英語が得意になる!とか

長文をひたすら読んで、英語が得意になる!などのお手軽さはない。

 

もし、あなたが幼児であって、本当に英語を浴びることができたならば、

それは、可能かもしれない。

しかし、日本語という母国語を持つ大人が、新たな言語を学ぶというとき

には、そのようなお手軽さは通用しないことは、脳科学的にも正しいらし

い。

 

まとめ

「文法/語法」「単語」を優先的に勉強しなさい。

教育改革のためあなたの下の世代は、「英検準1級」が普通になります。

「使える英語」を目標としてください。

 

 

 

 

 

http://ishikenseikouhou.com/wp-admin/theme-editor.php?file=404.php&theme=keni70_wp_cool_green_201701161121