今回は、ある予備校が英語の実力を模試の結果からどの

ように判断しているかをお話しする。

 

それを使うと将来のセンター試験での得点率を予想できる。

また、その方法は極めて単純である。

高1生のみなさんも、模試の結果を準備してほしい。

 

その方法とは、

<文法/語法の得点率を20倍する>というものだ。

 

例えば、配点20得点15点の場合、得点率は15/20で

75%となる。それを、20倍する。75×20=150.この生徒

さんの得点予想は、150点ということになる。

 

これには2つの意味がある。

1つの意味は、紛れをなくすということだ。英語の配点票を、

見てほしい。長文の配点が圧倒的に高いだろう。偏差値が

70以下の生徒は、「ここが偶然正解したら、偏差値が上がり

偶然はずれたら、偏差値が下がる」という事実がある。偏差値

70以下の場合。

*たまたま、推測読みが当たった

*記号を適当に書いて当たった

ということが、そこそこの頻度で起こる。それは、みなさんも

実感できるだろう。

 

もう一つの意味は、文法/語法こそが大切であると、受験の

プロが判断しているということだ。(受験のプロだけでないこと

は次回に話す)

 

最近の、高校の授業では、文法や語法を系統だって学ぶこと

は少なくなっている。

である以上、自分で勉強をするしかない。

 

英語のプロが、もう一つ重視していることがある。

それは、単語力だ。

 

どのように勉強していく事が良いのかは、次回から書いていく。

とりあえずは、「文法/語法」「単語」が、必要であることを脳裏に

刻んでおいてほしい。

 

http://ishikenseikouhou.com/wp-admin/theme-editor.php?file=404.php&theme=keni70_wp_cool_green_201701161121