はじめまして、ISHIKENです。

センター試験がうまくいった!という受験生は続きを読まないでください。

センター試験失敗した!もう、終わりだ!という受験生は続きをどうぞ。

 

今から30年位前になってしまいますが(汗)

私も、センター試験を受験しました。自信満々での受験でした。

確か(1月3日?)だったかの最後の模試で、過去最高点達成!

余裕がありすぎ、友達とセンター前日に4人ですることができる中国発祥の遊戯をする始末。

 

ところが、悲劇は突然に訪れます。

2日目が終了して、自己採点の神の時間。地理の4番目の問題(設問4でなくて4番目の問題)。

マークしてない!それどころか解いた記憶が全くない。設問を読みながら初めての

問題を解くときに感じる’新鮮な気分’に酔いしれる、高校3年生の私。

今なら「やっちまったなー」という合いの手も浮かぶんでしょうが(浮かばないか)、

地理は結局悲惨な点数に。

2週間前の模試過去最高点から、本番では過去最低点へ、、、

 

結果、志望校ランクを下げることになったんです。

でもね、それって今思うと全然悪くないことだと思えるんです。

確かに、どの大学に行くかはある程度重要かもしれません。

しかし、当時でさえ決定的な事柄ではなかった。

 

なんせ、同窓生が何しているかわかりますからね。

いい大学=成功とはなっていないんです。

 

幸せの尺度はお金じゃないですけど、伝わりやすいようにお金で話しますと

一番金銭的に成功している人は、関西の私立大学の人ですね。

また、ヒルズクラブに出入りしている私の親友は、福岡の私立大学です。

この二人は億を稼いでいます

二人とも文系ですね。

 

逆に、一流大学に入っても結果うまくいっていない人も実際に存在します。

現在、息子は東京大学に行っていますが、友人で燃え尽き症候群になって

大学に来れてない人も数名いるようです。

 

勿論、統計学的に見たら大学の偏差値ランキングと年収は相関関係はあります。

 

ただ、センター試験がうまくいかずに志望校ランクを1つ落としたくらいでは、

それは大した差ではないです。これは、断言できます。

 

入学した大学で、何をするか、どんな人間になるかが100倍大事です。

先ほど当時ですら!と書きました。今の時代は、ネット社会です。

志さえあれば、なんでもできる!

 

小よく大を制す時代が到来しています。

トヨタなどの大企業ですら、ベンチャーといかに組むか?という思考になっています。

 

そういったことは、学校では教えてもらえないことです。

大学生になったなら、いかに常識を批判的にとらえることができるか?創造的に

発想できるかが大切になります。

 

ニーチェは、それを、らいおんの時代、そして、子供の時代を名づけました。

センターまで一生懸命に頑張った、みなさんは’らいおん’’こども’になる資格があります。

 

松下幸之助さんの講演で、’ダム経営’について「どうしたら、ダム経営できますか?」という

質問がありました。幸之助さんは「それは、まずダム経営をしようと思うことやなあ。」と

答えたそうです。会場内では、笑いが起きる中、京セラの稲盛さんは「なるほど!」と

腑に落ちたと伝えられています。

 

みなさんが、大学に進んで’らいおん’になろうと思うことを期待します。

 

最後に、センター試験で失敗したことで人生が失敗になるような人は、希望の大学に行けたとしてもどこかで失敗する人です。

あなたは違います。違うと信じています。

たまたまこのサイトを訪問してくれてありがとうございました。

あなたの人生の成功を祈っています!!!!!

 

 

 

 

 

http://ishikenseikouhou.com/wp-admin/theme-editor.php?file=404.php&theme=keni70_wp_cool_green_201701161121